ランコム「タンイドル ウルトラ ウェア リキッド」の口コミ・特徴は?

ファンデーションは、ベースメイクに欠かせないコスメですよね。今や、パウダータイプ、ルースタイプ、プレストタイプなど、その形状の種類は多岐に渡り、迷ってしまいますよね。

その中でもカバー力が抜群で、20代から30代、40代と年を経るにつれて、増えていってしまうシミやくすみ、乾燥やシワなどの、あらゆるお肌の悩みを隠してくれるのが、リキッドファンデーションのいいところですよね。

毛穴やクマなどへのカバー力や、乾燥に対する保湿力にも優れている「リキッドファンデーション」は、年代を問わずに、さまざまなシーンでも使い勝手の良いタイプとして人気が高いです。

しかし、いざ購入しようと考え出すと、デパートで扱っている有名ブランドや、ドラッグストアなどで気軽に購入できるプチプラ商品も含めると、市販されているファンデーションの数は膨大すぎて迷ってしまい、なかなか選び切れないかと思います。

そこで今回はその中でも、アットコスメのクチコミランキングにて、映えある「リキッドファンデーション部門第1位」にも輝きました、大人気のランコムの『タンイドル ウルトラ ウェア リキッド』について、次から詳しくご説明させていただきたいと思います。

タンイドル ウルトラ ウェア リキッドの特徴

多くの女性の願い。それは、 シミやそばかすなど気になる肌悩みは、完璧に隠してくれる高いカバー力と、忙しい時でも面倒な化粧直しがいらない長時間のキープ力。そこはあくまでも絶対条件で、肌に重いつけ心地になるのも嫌!という矛盾した思いではないでしょうか?

その究極の夢のような願いを叶えてくれるのが、ランコムの 『タンイドル ウルトラ ウェア リキッド』です。その1番の特徴は、 SNSでも話題沸騰の「矛盾解放ファンデーション」であることです。 では、「矛盾解放ファンデーション」とは、どのようなファンデーションなのでしょうか?

ランコムの 『タンイドル ウルトラ ウェア リキッド』には、4つの大きな特徴があります。

【1】毛穴プルーフな美しさを実現!

お肌に伸ばした瞬間に、気になる毛穴を効果的に隠してくれる球状のパウダーが網目構造となり、ピッタリと整列するようにお肌に密着します。そのため、気になる小鼻や頬周りの毛穴であったり、顔の色ムラやくすみでさえも、ナチュラルにカバーしてくれるので、美しいお肌に導いてくれます。

【2】化粧直しは不要!圧倒的なラスティング力を発揮

こちらは2018年にデビューした比較的新しい商品ですが、最長18時間も美しさが続く抜群なカバー力の高さを兼ねそろえています。その秘密は、「ウルトラネットテクノロジー」と呼ばれるものです。なかなか聞きなれない言葉だと思いますので、詳しく以下でご説明します。「ウルトラネットテクノロジー」とは、 お肌にこのリキッドファンデーションを塗ってもらった瞬間に、 「ラスティングポリマー」と呼ばれるものが、ネット状の化粧膜をお肌の上に作っていきます。このため、さまざまな表情の動きにも即座に対応できる、柔軟なストレッチ性を持っていて、強固で化粧崩れもしにくいのが大きな特徴なのです。

【3】 肌が呼吸するかのような、とっても軽いつけ心地のよさ

「ウルトラネットテクノロジー」が非常に極薄なので通気性がよく、厚塗り感のなさも同時に実現させました。2種類もの皮脂吸収パウダーをブレンドすることで、高い過酷な湿度の環境でも、ファンデーションの崩れにくさを発揮できているのです。

さらにそこに、「フィットハイドレーションエキス」を配合させることで、薄い膜をはり、お肌の乾燥を感じさせないつけ心地の良さも兼ね備えることに成功しました。

薄い膜のファンデーションなんて、カバー力が物足りないんじゃないの?という心配をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。ですがこちらのランコムの「矛盾解放ファンデーション」の実力の高さは、多くの女性が体験済みなんです。

【4】あなたのお好みの色味にも対応!多彩なカラーの多さ

ランコムの『タンイドル ウルトラ ウェア リキッド』は、非常に豊富なカラーバリエーションを取りそろえています。

その種類は、オークル系からピンク系まで、日本人の肌の色味に合わせた全12色展開と多岐にわたっているため、ご自分の肌色に馴染むカラーも絶対に見つかると思います。

今まで、 なかなか自分の肌色に合わずに複数の色味を混ぜて調節していた方も、ランコムのリキッドファンデーションなら、忙しい毎朝の手間を大幅に省くことができます。時短でも、美しく仕上げてくれるファンデーションをお求めの方には、ピッタリな商品だと言えるでしょう。

タンイドルウルトラウェア リキッドのクチコミのまとめ

有名なランコムの「タンイドル ウルトラ ウェア リキッド」ですが、実際に使っている方のいいクチコミだけでなく、イマイチな感想についても、総合的な感想はやっぱり気になるところですよね。そこで、日本最大のコスメ美容の総合サイトである「アットコスメ」から中心に、愛用されている方の正直なご意見やクチコミについて、以下より詳しくご紹介していきたいと思います。

全体的なクチコミで多かったのは、さらさらとしたテクスチャーで、長時間崩れにくく、お肌に透明感やツヤ感を絶妙に演出してくれる、優秀なリキッドファンデーションである、といった感想です。個人的には、「もしも崩れてきてしまったとしても、キレイな崩れ方なので、夜になっても気にならない。」「特に皮脂が出がちな顔のTゾーンのテカリなども、プレストパウダーで最後に軽く押さえてあげると自然なツヤ感に落ち着く。」といった多数の意見があることには、とても驚きました。

鼻や頬の毛穴落ちに関しては、意見が分かれるところで、全然しなかった方もいれば、やっぱり時間が経ってくると落ちてきてしまう方もいるようです。これは、肌質や毛穴の大きさ、相性などにも個人差があるでしょうから、仕方がないかなと感じました。

ちなみにこちらのリキッドファンデーションは、専用のスポンジが別売されており、そちらを使ってつけていただくと、よりきれいな仕上がりになるようです。

総合的には、時短で毛穴のケアや美しいツヤ感のあるお肌を長時間キープしてくれる、秀逸なファンデーションで、一度使うと他のを使えなくなってしまう、といったクチコミが目立っていました。良いクチコミ・悪いクチコミについてのそれぞれのご意見は、以降にいくつかピックアップしてまとめてみましたので、是非ご参考になさってください。

タンイドル ウルトラ ウェア リキッドの良いクチコミは?

Ai

某女性雑誌で絶賛されていたNARSと迷いましたが、ビューティーアドバイザーさんの「こちらの方が毛穴落ちがキレイだよ。」という言葉を信じて購入してみました。結果、信じてよかったと思ってます!本当にお肌をとってもキレイに仕上げてくれます。私は、鼻と頬に目立つ毛穴があるので、毛穴落ちは必ずするものと前提して化粧をしているため、毛穴落ちの仕方はものすごく重要なのですが、このファンデーションは、絶妙なツヤと質感で、うまく毛穴を目立たなくしてくれるんです。しかもその上、長時間崩れにくいんです。多少崩れてしまった時でも、崩れ方がキレイなので気になりません。さらに、SPF値の高さもかなりうれしいポイントですね。朝などの時間がない時は、日焼け止め下地を塗らずに、そのままこのファンデーションをつけちゃいます。次は、PO系の色味をリピートしたいと思ってます。

Hanae

この商品に出会ったおかげで、長い長いファンデーションジプシがようやく終わりを告げました・・・クチコミがすごく良かったので、実際に店頭でお色味を見せてもらい、「ナチュラルに見せたいのなら、PO-O2がおすすめですよ。」とアドバイスされ、購入してみました。お色味の印象は、ブルベ標準よりやや明るめの肌色かなと思います。私は、乾燥がひどい混合肌タイプで、どんなファンデーションを使っていても、顔のTゾーンのテカり具合や小鼻周りが汚く崩れてしまい、ずっと悩んでいました。1日に鏡を見る度に、テカってしまっているのを見ては、ため息をつきながら直してを繰り返していました・・・このファンデーションにしてから、つけ心地は軽くて、テカりも自然なツヤ感に見えることに驚いています。なによりも、時間が経っても汚い崩れ方にならないことに感激致しました。ただし、下地との相性だとか、塗り方も大切なようで、みなさんのクチコミ通り、専用のスポンジを使うのが、1番キレイに仕上がると感じました。下地は、いろいろな商品を試してみた結果、ポールアンドジョーのモイスチュアライジング 03番が、個人的には1番相性が良かったのでおすすめです。基本的に、ファンデーションをリピートして使い続けたことは、ほとんどないのですが、こちらのリキッドファンデーションは絶対にリピします。こんなに素敵な商品を開発してくれたランコムには大感謝しております。

Hanako

若い頃は、ニキビ肌に悩んでいて、現在の肌はTゾーンだけがオイリー気味に感じています。個人的に、リキッドは皮膜感がなんとなく苦手で、崩れやすかったり、毛穴落ちしてしまうので、冬以外は特に使いきていませんでした。今回も手元にはあったものの、なかなか手が伸びなくて、みなさんのレビューをよく読んで、研究してからの挑戦してみました。塗ってみた使用感としては、とてもサラッとしていて、すごく薄づきです。アラフォーの私には、カバー力が物足らないように感じました。でも、顔の気になる部分に重ねづけしてみても、決して厚ぼったくはならなくて、自然な感じです。特に毛穴が気になるところは、指の腹で叩きこむように塗ってみるときれいに仕上がりました。

Jaiko

若々しいツヤ感が出て、パウダーをつけるのももったいないくらいなのですが、私はとても崩れやすい肌質なので、やっぱりTゾーンだけは軽くパウダーで押さえてみました。夕方に鏡を見て、驚きました。多少テカリは出ていたのですが、汚い崩れ方ではありませんでした。なにより、透明感とツヤ感が本当にとても秀逸な一品だと思いました。下地には、やっぱりランコムエクスベールが好相性かなと感じました。クチコミがとても良く、以前から気になっていたので、専用のスポンジと一緒に購入してみました。その結果、ものすごく良かったです!カバー力も十分ありますし、目立ってしまうニキビ跡や毛穴など、特に気になるところには、2度塗りするようにしています。そうすることで、しっかりとカバーしてくれますし、色味もとても豊富なので、ちゃんと自分にあった色味にやっと出会うことができました。テクスチャーにつきましては、今まで使ってきたリキッドファンデーションに比べると、じゃっかん水っぽいかな?とも感じましたが、問題なく塗れるので大丈夫です。

Keiko

使用量も1プッシュで、顔全体に対して十分足ります。朝につけて出かけると、夕方までちゃんと持続します。崩れてきたとしても、ティッシュでオフして、お粉を少しはたいて終了なので、とても素晴らしいと思います。今のところ、悪いところが全然見つかりません。専用のスポンジはダイヤの形をしていて、側面でポンポンと付けるようにすると、顔全体に均等に塗れて、さらにスポンジがリキッドファンデーションを吸わないので、いい感じに塗ることができます。自分に最適なファンデーションに出会えたような気がして、すごく嬉しいです。私は、標準色の「BO-02」を使っていますが、暗すぎる感じもしなくて、このお色味でちょうどよかったです。むしろ、思っていたよりかは明るかったです。UVエクスペールトーンアップも合わせて一緒に使用しています。こちらの商品は、よく「ダブルウェア」と比較されていて、成分もよく似ていると聞いたりしますよね。私は「ダブルウェア」もたまに使うのですが、塗った後の揮発の仕方が、たしかに似ているような気がしています。手早く専用スポンジで伸ばしていくところも同じなため、「ダブルウェア」を使用したことがある方には、こちらのリキッドファンデーションの使用も、難しくないかと感じました。

Saori

ただし、テクスチャーはやはりそれぞれ違っていて、ダブルウェアはコッテリとしているために、カバー力はあるのですが、こちらのファンデーションは、さらっと軽い感じで、カバー力を期待して使う方の中には、がっかりする人もいるかもしれないと思います。ですが、だからこそ、厚ぬり感がなく、普段使いにもちょうどいいのだと感じています。ためしに小鼻の赤みがちゃんと消えるのか、トントンと軽く重ね付けしてみたのですが、そこそこ消えていました。でも、シミが多数で気になる方には大変かもしれませんね…崩れにくさに関しては、6時間後に鏡を見てみても、ティッシュオフすると元どおりに戻るってイメージでさすがだと思います。私は普段から、UVエクスペールBBを愛用しているので、トーンアップがなくなってしまったら、今のUVエクスペールBBを引き続き使おうと思います。乾燥にはどうも強くなさそうな印象なので、乾燥がひどく感じる季節までは、勝負のお出かけの日はダブルウェアで、普段使いにはタンイドルっていう感じで、使い分けていこうと考えてます!ダブルウェアは使用感が重たくて、毎日使う気にはなれなかったため、こちらのリキッドファンデーションに出会えて本当によかったです!

タンイドル ウルトラ ウェア リキッドの悪いクチコミは?

Sayaka

こちらは現在、3ヶ月ほど使ってみています。テクスチャーはとてもみずみずしくて、少量でもかなりよく伸びます。軽く0.5プッシュしただけでも、顔全体につけられちゃうほどです。みずみずしくありながら、お肌にファンデが「乗っかっている」というよりは、「ピッタリとくっついている」ような強力なカバー力があるため、個人的にはお肌の水分や油分が、リキッドファンデーションで奪われてしまうかのような乾燥してしまう感じがしました。顔の毛穴が気になるところにつけてみて、時間が経ってくると毛穴落ちしてしまいます。その崩れ方も、リキッドファンデーションで毛穴が悪目立ちするかのような印象に感じられます。クチコミがとても良く、お値段もそれなりにしたため、効果は期待していたのですが、残念ながら私の肌質には合いませんでした。乾燥と毛穴落ちが気になってしまうので、リピートはしないかなと思います。また、お店のスタッフさんいわく、ランコムは標準色でも気持ち白めに作られているようなので、必ずお色味は実際にご自分で確認してから、購入したほうがいいかと思います。

Shizuko

指でこのファンデーションをつけてみたのですが、指でつけるのはかなり難しいと思いました。私が下手なだけかもしれませんが、かなりよれてしまい、伸びもあまり良く感じませんでした。それでも頑張って伸ばしてみると、上品な仕上がりになります。肌色も均一になるのと、ツヤ感もあり、決して悪くはない感じだと思います。ポイントメイクもしっかりと終わらせた後に鏡を見ると、キレイに仕上がっていて、顔の毛穴もきれいに隠れていました。ただ、私の頬の濃いシミやそばかすだけは、このままだと消えないため、コンシーラーは上乗せ必須です。でも、崩れ方があまり私好みではないかなと思いました。ひどく崩れてしまうというわけではないのですが、それなりには崩れてしまうように感じます。特に、小鼻の周りがへたついて、鼻の頭からとれてしまっているところと、とれていないところが良く見てみると、まばらに点在しているかのような感じです。これについては、私の下準備の保湿が悪いだけなのかもなぁという気もしますし、見ていられないような汚い崩れ方をするわけではありませんよ。それに、適度なツヤは一日キープしてくれるので、持続力はあるかなという感じです。このリキッドファンデーションをつけることで、肌がつっぱってしまったり、乾燥して粉を吹いてしまうようなことなどはありませんでした!それから、割と一般的なリキッドファンデーションは、夕方に色がくすんでしまったり、赤茶っぽく色がくすんできたりしがちですが、こちらの商品については、そのような印象は特に感じられませんでした。

お得なタンイドル ウルトラ ウェア リキッドの情報

【1】期間限定 送料無料キャンペーン

現在、ランコムの公式ホームページから『タンイドル ウルトラ ウェア リキッド』をご購入いただきますと、通常でしたら商品代金に送料が上乗せでかかってくるところを、今だけ送料無料でゲットすることができちゃいます。こちらは、WEB限定で11月1日木曜日までなので、なかなか店頭に行けなくて気になっている方は、是非チェックして見てくださいね。

【2】数量限定 サンプル配布キャンペーン

『タンイドル ウルトラ ウェア リキッド』の1回分サンプルを、なんと数量限定でプレゼントされてるんですよ!ゲットする方法には、以下の2つの方法がありますよ。

(1)ランコムカウンターで体験するやり方

全国百貨店の中に入っているランコムカウンターにて、スマートフォンのチケットか、あるいはそのチケットをプリントアウトして、お店の方にご提示いただくだけで大丈夫です。スマートフォンで読み込める便利なQRコードや、お得なチケットを印刷するためには、ランコムの公式ホームページにアクセスしてみてくださいね。

(2)オンラインショップで体験するやり方

お好きなランコム商品を公式ホームページからご購入いただく際に、「31093」というプロモーションコードをカート画面にてご入力してくださいませ。

ただしご利用するためには、オンライン登録の上、ログインが必要となるので、事前にそれらの準備した上で、ご購入くださいね。

タンイドル ウルトラ ウェア リキッドの有効成分

では実際に、ランコムの『タンイドル ウルトラ ウェア リキッド』には、どのような成分が含有されているのかも、チェックしたいポイントですよね。

成分の内容を見てみると、水の次に配合量が多いのは「ジメチコン(シリコン)」となっています。一般的に、特にシャンプーでは、「シリコン=悪いもの」なのではないか?と思われがちですが、特にそのようなことはありません。肌に塗ったとしても、良い意味でも、悪い意味でも、刺激がある成分な訳ではないのです。
ジメチコンが配合されていると、使用感がよくなったり、メイク崩れも起きづらく、すっと肌に馴染むような使用感を感じられると思います。

また、次に挙げられる揮発性炭化水素の『イソドデカン』は、あまり国内製品ではあまりポピュラーではない成分かもしれません。実は、ミネラルオイルなどの油剤の仲間なのですが、特徴的なのは「揮発性」と呼ばれている、非常に蒸発しやすい性質を持っていることです。これは次に記載されている「変性アルコール」についても、同じ性質であると言えます。

変性アルコールとは、分かりやすく言い換えると「エタノール」のことなのですが、香気成分などを加えて、使用目的を飲料用ではなくしたエタノールのことを指します。

傾向として「イソドデカン」や「変性アルコール」が多めに入っているために、塗った後に急速に液状成分が乾いていく特性を持ちあわせています。つまり、リキッドファンデーションの乾燥が早く仕上がるという意味になりますね。

そうしますと、皮膚に残るのが「ジメチコン」と、「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」と「トリメチルシロキシケイ酸」が主な成分になるのかなと思います。

「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」とは、ご存じの方も多いかもしれませんが、「紫外線吸収剤」のことです。あわせて、酸化亜鉛は不使用であるものの、「酸化チタン」などの紫外線散乱剤も入っているので、SPF38/PA+++という、かなり高い紫外線防止効果を期待できます。

ちなみに、一般的にはSPF30もあれば、日常的な日焼け止めには十分だと言われておりますので、シミや美白対策もファンデーションでしっかりできるものがいい方には、十分な性能かと考えられます。

そして、「トリメチルシロキシケイ酸」とは、シリコーン樹脂のことです。よく「ウォータープルーフタイプ」のマスカラなどにも、利便性から頻繁に使用されている、いわゆる水を弾く素材です。通常のシリコーンオイルとは違って樹脂であるため、強力な化粧崩れ防止効果を期待出来る成分だと言えるでしょう。特に汗にはとても強く、「真夏で汗だくになっても全然崩れない!」というクチコミもかなり多い成分です。

ただしその分、クレンジングで落ちづらくなるので、ウォータープルーフの化粧品対応のオイル系のタイプや、バームなどで、焦らずじっくりとクレンジングして、化粧残りを防止した方が良いと思います。 クレンジングが不足して落としきれないと、肌に負担になってしまって良くないので、気をつけましょう。

他に特徴的なのは、「パーライト」という成分です。こちらは、火山性の鉱石や珪藻土などから作られている多孔質性粒子です。粒子の表面に、微細なあなが無数にあいているので、皮脂などもしっかりと吸着してくれて、テカりを防止してくれる働きがあるんです。

分かりやすく言うと「皮脂吸着パウダー」と巷で言われていますが、これが配合されているために、長時間の過酷な環境下でもストレスフリーで過ごすことができるので、ありがたいですよね

実際に使ってみての自分の体験談

実は個人的に、デパートコスメはお値段がするのでなかなか買えずに躊躇していたのですが、あまりにもクチコミが良かったので、思い切って購入してみました。購入色した色味は「PO-01」で、お店の方に実際にタッチアップしてもらい、私の肌色にピッタリ合う色を選んでいただきました。

結論から先に申し上げますと、つけてみた瞬間から肌によく馴染んで、これしかもう使えない!とおもえるくらい、その仕上がりにハマってしまいました。以下より、使用感について詳しくレビューしていきたいと思います。

【購入前の私の肌悩み】

私の肌質は、顔のTゾーンはオイリー肌で、顎や口周りは乾燥肌と、混合肌です。

通常のファンデーションを塗っていると、夕方になってくると、Tゾーンが特にだんだんテカテカになってしまうのが悩みです。対策として、最後にプレストパウダーをはたくようにしているのですが、夜になるとその部分だけが白く肌浮きしてしまい、なんとなくきたない感じに見えるので、どうしたらいいのか、試行錯誤していました。

【カバー力について】

さっとひと塗りしただけで、手軽に自然な色白に早変わりさせてくれて、マットすぎないきれいなツヤ肌になりました!

薄いシミや目の下のクマなら、問題なく隠してくれます。朝急いで化粧して、夜になった約10時間後も軽く1回ティッシュオフしただけで、いつもならしないときたなく崩れてしまう化粧直しをしなくても、全然崩れていなくてあまりの持続力にびっくりしました。

厚塗り感は嫌で、カバー力はありつつも自然なツヤ感がある、リキッドファンデーションを求めていた私にとって、ランコムの『タンイドル ウルトラ ウェア リキッド』は最高な商品でした。

【使用感について】

さすが天下のランコム様ですね。肌のコンディションが良い日は、いつもは肌悩みを隠すのに必須のコンシーラーもいらないレベルで、きれいな肌に仕上げてくれます。

個人的には重ね塗りする必要は全くなくて、少量でも崩れないので、夕方まで全然余裕で過ごせます。今年の猛暑で汗ばむ日でテカりがちだった日も、肌のツヤ感はちゃんと残っていて、きたない崩れ方はしなかったのはとても驚きでした。仕事終わりでお出かけしたい日も、ティッシュで軽くオフしてから、軽くプレストパウダーをのせるだけで、メイクが終わってしまう嬉しい時短効果までありましたよ。

塗った後のムラづきもなく、専用のクレンジングなども必要もないので、使用後のお手入れもとても楽チンで、めんどうくさがりな私にもってこいなリキッドファンデーションでした。

夏・冬など季節問わずに、オールシーズン活躍しそうな使用感で、朝出勤時間が早くて化粧する時間をとれない方や、なかなか化粧直しできないお仕事の方には、自信をもってオススメできるファンデーションです。

タンイドル ウルトラ ウェア リキッドの使い方

気になるファンデーションの使い方について、一緒に確認していきましょう。

【オススメの手順】

1.目の下の頬に、リキッドファンデーションを出して、丸を3つくらい置きましょう。

2.スポンジの側面を使って、あごに向かって優しく滑らせましょう。

3.方向は、顔の中心から外側に向かって伸ばしていきましょう。

4.スポンジの広い面で、トントンとお肌に叩きこんでみましょう。

【適量について】

使用量の目安は、大体1プッシュで半顔くらいだと記載させていますが、個人的にはその量ですとかなり余りました。ですので、1プッシュちょいくらいで全顔塗っていただくくらいで、丁度良いのではないかなと思います。

【あるとよりきれいに仕上がる、最適なスポンジの選択方法】

私ははじめ、手持ちのいつも使用しているスポンジで使っていたのですが、多数のみなさんのクチコミによると、専用スポンジ『タンイドル ウルトラ ウェア メイクアップ スポンジ』という商品があって、そのスポンジを使用するとしないのとでは、全然仕上がりが違うのだそうです。

そこで、噂のランコムの『タンイドル ウルトラ ウェア メイクアップ スポンジ』を早速買って試してみたのですが、評判通りで本当に全く出来上がりが違いました!

具体的に説明すると、肌がきめ細かく見えて、さらにはつけているのか忘れるくらいの抜群のフィット感もあり、広い面の部分で肌に叩き込んでみると、適度なセミマットな仕上がり具合になります!

毛穴も自然な感じに、ほどよく隠してくれるので、さすが専用スポンジなだけあって、『タンイドル ウルトラ ウェア リキッド』の魅力が最大限発揮できるように、研究されつくしているんだなと感じました。

ちなみにこちらの専用スポンジは、日本でしか発売されていないらしく、日本人の肌質に合わせて作られているのだそうです。使っていただくと、感動するほど断然きれいな仕上がりになるので、是非『タンイドル ウルトラ ウェア リキッド』とあわせてご購入されることを全力でオススメします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ランコムの『タンイドル ウルトラ ウェア リキッド』は、多くの女性が悩まれている色ムラやくすみ、毛穴をしっかりカバーしてくれつつも、自然な素肌感は残してくれる優秀ファンデーションです。この絶妙なバランスのおかげで、時短でも緻密につくり上げたかのような、きれいなツヤ肌になれるのが、最大のメリットですよね。

さっとひと塗りするだけで、毛穴のでこぼこや影を一瞬で消し去ってくれて、旬のセミマットなお肌に導いてくれます。つけたての美しさが、化粧直しなしでも一日中続くため、働く忙しい女性の力強いパートナーになってくれること、間違いなしです。

時間の経過とともに浮いてきてしまう皮脂でさえ、自然なツヤに見せてくれる、他にはない驚くべき美肌力を発揮してくれるので、普段は隠しきれないお疲れ顔も解消できちゃいますね。

是非、一度その効果を試してみてください。