キッチン掃除の仕方|シンク・排水溝・コンロ・換気扇の簡単お掃除方法

美味しい食事を家庭で食べるのに使うのがキッチン!衛生面を考えても、常にキレイに保ちたいですよね。ですが、水回りの水垢汚れ、ガスコンロ周りの油汚れ、生ごみなどによるぬめり汚れや匂いなど様々な汚れに対応しなければいけません。

ここでは、そんなキッチンのお掃除に役立つアイテムについてご紹介します。

キッチン掃除用のオススメアイテムの一覧

キッチン周りのお掃除はとても大変ですよね!なかなかきれいにならず、イライラしたりも。そこで今回は、そんな頑固な汚れが溜まってしまったキッチン周辺の掃除にあるととても便利なオススメなアイテムをご紹介します。

汚れを落とす洗剤類

・重曹

・セスキ炭酸ソーダ

・クエン酸

・お酢

・クレンザー

・中性洗剤

・漂白剤

・除菌スプレー

掃除道具類

・激落ちくんなどのメラニンスポンジ

・洗剤なしで油汚れを落とせる布巾

・スポンジたわし

・ゴム手袋

シンクの掃除におすすめのアイテム

シンクは水を使うため、水垢がつきます。白くこびりついてしまい、放っておくと取れにくくなってしまいます。 水垢には、酸性のものが落とすのに向いています。

そこで、お酢やクエン酸を使用しましょう!

お酢を水で薄めたものやクエン酸を吹きかけて少し時間をおいてから掃除すると、簡単に水垢を落とすことができます。

お酢のにおいが気になる人は、クエン酸を用いるのがオススメです。また、 クレンザーは界面活性剤と研磨剤が入っているため、汚れを浮かび上がらせて落としてくれます。

排水溝の掃除におすすめのアイテム

キッチンの排水溝は生ゴミなどによる雑菌が繁殖しやすく、においやぬめりがひどくなります。

一番簡単な掃除方法は、重曹とおで掃除することです。

排水溝に重曹をふりかけて、そこにお酢をかけます。それから、お湯を少しずつかけていきます。その状態で10分ほど放置して、流すだけです。匂いとぬめりの両方とも対策できます。

更にこの後、汚れにくくなるメリットまであります。こまめに掃除するのがオススメです。 カビが生えてしまっている場合には、カビ取り用洗剤をつかいましょう。キッチン用カビハイターなどがオススメです。多めに吹きかけてしばらくおいてから流しましょう。

それでも落ちない場合には、そこからブラシなどでこすり洗いを行います。なるべくそこまでひどくなる前にこまめに行うことが、掃除を楽にするコツになります。

コンロ周りの掃除におすすめのアイテム

コンロ周りの掃除には、洗剤の要らない布巾が一番オススメです。

料理をするたびにこまめに拭くようにしておけば、汚れがひどくならずに保つことができます。洗剤を使わないため、水拭きなど繰り返し掃除の必要がなく楽にお掃除できてしまいます。

また、使った後にすぐさっと拭いておくと汚れが落ちやすいのもポイントです。その場合は、ふしぎクロスがオススメです。コ ンロ周りの壁などもさっと拭いておけば、油汚れがこびりつくのを防いでキレイに保つことができます。

少し落ちにくい汚れにはメラニンスポンジを用いてこすると、簡単に汚れを落とせます。洗剤を使わなくてすむぐらいの汚れで、こまめに掃除を行うのが一番簡単でキレイに保てる方法です。ですが、油がひどい時には、セスキ炭酸ソーダ水がオススメです。油汚れを浮かび上がらせてくれるため、取れやすくなります。

洗剤と違い口に入っても問題ないため、キッチンの掃除に向いています。洗剤使用後は何度も水拭きしないといけませんが、セスキ炭酸ソーダ水ならその必要がありません。キッチンだけではなく、リビングなどの掃除にも活用できます。

換気扇の掃除におすすめのアイテム

換気扇には、フィルターなどをつけて汚れがあまりつかないように工夫するのがオススメです。なかなか汚れがついてしまうとキレイにするのが大変になりますので、予防することも大切です。お掃除する時は、シンクに大きなゴミ袋などを用意します。その中に換気扇のファンやレンジフードなど部品を入れて、40度ぐらいのお湯をかぶるまで入れます。

そこに、重曹をカップ1かセスキ炭酸ソーダを大さじ2のどちらかを入れます。袋の口を閉めてそのまま30分、汚れがひどい場合には2時間ほどつけ置きしておきましょう。

その後、袋から出してスポンジや古い歯ブラシなどを用いて擦り落としましょう。袋にたまった水は袋の底を少し切って水を抜けば、汚れが袋に付着してシンクが汚れるのを防ぐことができます。袋に入らない時は、重曹に水を混ぜてドロドロにしたものを汚れに付着させてラップなどでパック状態にして、時間をおいてから掃除を行いましょう。

冷蔵庫の掃除におすすめのアイテム

セスキ炭酸ソーダ水をふきかけて掃除するのが簡単です。

洗剤と違い口に入っても問題ないため、二度拭きの必要なくキレイにすることができます。また、除菌スプレーなどで掃除しても大丈夫です。油汚れはセスキ炭酸ソーダ水のほうが落ちやすくなります。

レンジの掃除におすすめのアイテム

レンジは結構汚れやすいので、こまめに掃除しましょう。油が回りに付着してしまうことがあります。 レモンを半分にカットして、1分レンジにかけます。それから、布巾などでレンジの周りを拭くと汚れが落ちやすくなります。また、セスキ炭酸ソーダ水やクエン酸などを利用してもよいでしょう。

まとめ

キッチン掃除は、こまめに行うことが大切です。汚れがひどくなる前に行っておけば、大変な思いをして掃除しなくてもよくなります。こまめに行うには、楽でないと続きません。そのため、楽に行える道具を用意しましょう。洗剤の要らない布巾などがあれば、簡単にさっと拭くだけです。メラニンスポンジがあれば水をしみ込ませるだけで、ある程度頑固な汚れも簡単に落とせます。また、重曹、セスキ炭酸ソーダ水、クエン酸があれば、アルカリ性の汚れと酸性の汚れ両方に対応することができます。