【新米ママ必見】出産直前!赤ちゃんのお世話に用意するものは?

初めて赤ちゃんのお世話をするのは不安だと思います。何がいるの分からないという方も多いのではないでしょうか?

最低限、「これさえあれば大丈夫!」というものをご紹介します。

肌着

短肌着・長肌着・コンビ肌着があります。この3種類がセットになって販売されているものもあります。ミルクの吐き戻しなどで1日に着替えることが多い時期ですので、短肌着5枚・長肌着またはコンビ肌着5枚を揃えておきましょう。

ツーウェイドレスやカバーオール

ツーウェイドレスはボタンの留め方によってドレスとしてもカバーオールとしても使うことができます。首がすわるまではセパレート(上下が分かれている服)は避けておくのが無難です。

紙おむつとおしりふき

新生児用の紙おむつは必ず使用するものですので1〜2パックは用意しておきましょう。また、おしりふきはなるべく多い方が良いですよ。

ベビー用爪切り

赤ちゃんの爪は柔らかく、伸びるのが早いです。普通の爪切りだと切ることが難しいですし赤ちゃんの爪や指を傷つけることなく爪切りができます。

ガーゼハンカチ・沐浴布

小さいうちは子供にもよりますが吐き戻しが多いです。少なくても5枚程度は持っておきましょう。沐浴布は、沐浴時に赤ちゃんを包んであげると安心して暴れません。

沐浴剤またはベビー用ソープ

沐浴時に使用します。沐浴剤はすすぎが必要ないので手軽ですが、上手にすすがないと乳児湿疹につながります。少し面倒ですが、泡で出てくるタイプのベビー用ソープがおすすめです。

ベビー用綿棒

赤ちゃんの体は思っているよりも小さいので、大人用の綿棒だと大きいことがあります。最初のうちはなにかと重宝するので、ひとつは持っておきましょう。

哺乳瓶

完全母乳で育てようと思っている人も、出産直後からしっかり母乳が出る人はなかなかいませんので小さめの哺乳瓶を持っていると良いです。止むを得ず母乳をあげることができなくなった時など、いざという時に一つはある方が無難です。

粉ミルク

粉ミルクの缶は開封後1ヶ月で使い切るようにされています。完全母乳で育てたい人はスティックタイプの粉ミルクが良いです。混合ミルク・完全ミルクで粉ミルクの消費量が多いようでしたら大きい缶のものが安いです。

まとめ

ベビーグッズはたくさん販売されていますが、必ず使うものだけを厳選してご紹介しました。あったら便利なものはたくさんありますが、暮らし方や考え方によっているもの・いらないものは変わってきます。

出産前に揃えておきたくなる気持ちはわかりますが、買ってみたけど使わなかったというものもありますので出産後必要だと感じた時に、赤ちゃんに合ったものを購入する方が良いですよ。また、生まれる時期によって服の組み合わせは変わってきますので、冬生まれならベストなどもあると便利です。基本的に新生児のサイズは50cmが目安ですが、妊婦検診時にだいたいの身長を聞いておいて赤ちゃんに合うサイズのものを用意してあげましょう。

住んでいる地域によってはチャイルドシートなどが必要になってきます。法律でも定められていますし、赤ちゃんを守るために必要なものですので、こちらは退院までに忘れないように必ず準備しておきましょう。