幼稚園弁当はブログで確認っ!|春からスタートする幼稚園弁当!

春から幼稚園に入園するお子さんもいますよね。はじめての園生活、お子さんだけではなくママもドキドキなのではないでしょうか。楽しいことがたくさんつまった幼稚園生活。その中でも子どもに人気の時間と言えば、お弁当の時間です。

とはいえ、これからはじまる毎日のお弁当に不安を感じているママもいるかもしれません。今回は、幼稚園生活のお弁当についての情報を集めてみました!ぜひ、参考にしてみてくださいね。

園生活までにしておきたいこと

はじめに、入園前にしておくべき準備をご紹介します。

グッズ集め

当たり前のことですが、まずはお弁当グッズから揃えましょう。お子さんが好きなキャラクターのお弁当、ランチョンマットなどにすると気分が上がるかもしれませんね。また、ここで揃えておきたいのはママの便利グッズも。お弁当に関しての料理本や100均などで購入できるお弁当専用の便利グッズもおすすめです。

お弁当に入れる適量を把握する

いざ、張り切ってお弁当を作ったが、子どもにとっては量が多すぎた…というのもよくある失敗パターン。いつもの食卓で出るお皿などでは、ママは感覚をつかんでいるかもしれませんが、お弁当となると量の調整が難しいこともあるようです。幼稚園に通う前から自宅でお弁当を作って食べてみましょう。お子さんの適量を把握することができますよ。ついでにランチョンマットの使い方やお片付け方法なども伝えてあげると、園生活でお子さんが戸惑うことも減るでしょう。

子どもたちの食べやすいお弁当って?

続いて子どもたちが食べやすいと感じるお弁当に注目してみましょう。食べやすいだけでなく、子供が好きなおかず、栄養価の高いおかず等、最初はいろいろと悩むと思います。子供に何が食べたいか聞いてみることもいいかもしれません。

好きなおかずのみ入れる

「え?」と驚いた方もいるかもしれませんが、幼稚園生活がスタートしてお子さんが慣れるまでは、栄養面はおいといて、お子さんの好きなおかずを中心につめてあげてください。理由は、はじめてママと離れるお子さんも多い中、一生懸命園生活を送っている中で「お弁当の時間」は、子どもたちにとって楽しみな時間のひとつです。

そこでいきなり苦手な食べ物が入っていると、子どもたちもテンションが下がってしまいますよね。また、今まで時間を気にせずに家でゆっくりと食事を摂っていた子どもも多く「時間内に食べきる」ということが意外と苦戦するパターンも。自分の好きなものなら、時間をかけずにパクパクと食べられるため、ハードルも高くありません。ただし、「好きなおかずのみ入れる」は、はじめのうちだけで、慣れてきたら栄養重視のお弁当に少しずつシフトしていきたいですね。

キャラ弁は意外と食べにくいかも!?

子どもたちに喜んでほしくてママたちが振る舞うキャラ弁。もちろん子どもたちはお弁当のフタを開けると大喜びで、嬉しそうな表情を浮かべます。ただし、中には「箸でつかみにくい」という理由で食べにくいといった子どもも。また、ママの力作を壊したくなくて食べたくない!というかわいらしい声も聞かれるようです。もちろん、キャラ弁を作ることが悪いことではありません。「子どもが食べやすい」という点を重視してあげるといいでしょう。

少しでも時短にしたいお弁当作り

毎朝作るお弁当ですので、少しでも手間がない方法がいいですよね。今回は、おすすめテクニックをご紹介します。

夕飯の「ついでに」お弁当おかずも

お弁当作りの前夜のおかずは、お弁当に詰められるものを意識するといいでしょう。唐揚げや天ぷらなど、そのまま入れられるものはもちろん、ハンバーグの日はお弁当用に身にハンバーグを作るなど、夕飯作りのついでにお弁当のおかずも作っておくと翌朝がぐっと楽になります。

やっぱり便利!常備菜

週末に何品か常備菜を作っておくと、お弁当作りのときは詰めることがメインになるため、忙しい朝でも大助かり!また、事前に作っておいたおかずを冷凍し、お弁当に入れるときにレンジで温めるだけ、という方法も。1~2品でも常備菜やストックおかずがあると献立の品数も増えるため、おすすめです。

ブログに投稿されたすご~いお弁当を確認って!

子どもの笑顔が増えるお弁当作りを

大好きなママとはじめて離れる幼稚園生活。その中でもお弁当の時間は、ママを思い出す大切な時間になる子どももいるようです。「子どもが食べやすい」という点を意識すると、自然と愛情のこもったお弁当が出来上がります。子どもがホッとできるような、思わず笑顔になるようなお弁当作りを作っていきたいですね。