幼稚園面接の質問内容と回答例|事前準備しておくべきことは?

幼稚園入園前に行われることが多い幼稚園面接。特別「お受験園」じゃなくても、開催される場所が多いです。今回は、幼稚園受験について詳しくご紹介していきます。「これから面接をうける」という人は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

そもそも面接はなぜ行われるの?

幼稚園入園前といえば2~3歳という時期。こんな小さいうちに面接をする意味とは?と疑問に感じている方もおられるかもしれません。もちろん、その意図は園によって様々です。

合否決定の材料

人気の倍率が高い幼稚園などは、もちろん合否の判断基準にされるケースもあります。合格基準は幼稚園によって様々のようで、質問された内容に答えられなくても合格するケースも。園の雰囲気にあう子どもかを見極められているのかもしれませんね。

子どもの性格を知るため

幼稚園の先生方も子どもを見るプロですので、緊張はしていても、だいたいどんなタイプの子どもかを把握できます。いつもとは違う雰囲気の面接会場でも堂々としている子ども。緊張しながらも質問には答えられる子どもや、涙がでてしまう子どもまで個性がでるでしょう。

そんな 子どもたちの個性を知りたいというのも面接を行う理由です。入園後のクラス分けの材料の一部にする園もあります。

実は保護者が見られている!?

子どもを知るための面接も、実は親の方を重視している園もあるようです。 服装や雰囲気はもちろん、話し方、子どもに対しての接し方など。園の雰囲気や教育方針とズレがないかも確認されます。

どんなことを聞かれるの?

実際に幼稚園面接でよく聞かれる一般的な質問をピックアップしてみました!

子どもに対しての質問例

お名前は?

何歳ですか?

今日はどうやってきましたか?

朝何を食べましたか?

何をして遊ぶのは好きですか?

親に対しての質問例

志望動機は?

お子さんの長所と短所は?

お子さんの好きな遊びは?得意なことは?

お子さんが苦手なことは?

どんな大人に成長してほしいですか?

ご家庭での教育方針は?

園にどんなことを求めますか?

幼稚園の面接の質問内容と回答例

皆さんが最も気になることは「何が質問されるのか」という点だと思います。想定していなかった質問をされたらどうしよう~と思いますよね。私の息子が4月から通うことになった幼稚園では、自由にのびのび能力を伸ばせるという校風で、運動・英語・音楽に力を入れていました。幼稚園の校風次第で、お勉強系やお受験系等の特色によって質問の内容も多少は異なってくるとは思いますが、基本的な質問は以下のとおりです。では、質問されたことをご紹介しますね~。

当幼稚園を希望した動機は何ですか?

私は、園の雰囲気や教育方針に惹かれましたと答えました。具体的には、園が広くきれいで子供が伸び伸びと育つ環境が整っていること、および子供に考えさせる教育を推奨している点と答えました。

ちなみに、願書と面接は両方とも重点的に聞かれました。
志望動機はどの園でもおそらく必須だと思うので、園の方針、教育方針・理念みたいことはしかっりと確認しておくと当日焦らないと思います。

ご家庭での教育方針はどうしていますか?

挨拶と礼儀はしっかりできる子になってほしいと思い、日ごろから教育しています。その他は人に優しくできる人に育ってもらいたいと思っています。

家では赤ちゃん言葉を使っていますか?それとも日常後を使っていますか?

使っていない。

おむつはまだしていますか?それとも、外れていますか?

外れています。(ただし、時々トイレが間に合わず、トイレに行く途中でお漏らしをするケースがありましたのでありましたので、入園までの半年で克服しなくては…と内心焦っていました。)

着替えは一人でできますか?

着替えは1人でできるか
ズボンは出来る、上着が着られない。

朝ごはんによく食べるメニューは何ですか?

日ごろ食べているものを正直に答えた方が良いと思います。
我が家では、魚、白米、のり、みそ汁等、和食が中心ですので、そのように答えました。

入園の状況によっては、6月や9月からの入園となる場合もありますが待ってもらえますか?

可能であれば4月から通い、早く幼稚園に慣れてもらいたいと思っています。と答えました。

お子様がすきな遊びは何ですか?親子で一緒に遊びますか?

お絵描き・・・1人で、母、父と
砂場遊び・・・母と
お菓子作り・・・母と
公園などで遊ぶ・・・近所の友達と

お子様が好きな絵本は何ですか?

正直にアンパンマンと答えました。愛と勇気と正義ですからね(^^♪

宗教上の理由で参加できないイベントはありますか?(クリスマス会、運動会など)

我が家は特にないので、なし。と答えました。

事前に準備しておくといいものは?

面接前に持ち物リストの確認などはもちろんですが、子どもと一緒に面接の練習を行っておくこともおすすめです。

子どもに最低限受け答えの練習

お受験ではないため、必死になって子どもに色々教える必要もないかもしれませんが、 最低限自分の名前や年齢を言えるように練習しておくと安心かもしれませんね。普段の会話の中でさりげなく、「好きな食べ物は?」「何して遊ぶのが好き?」と尋ねておくと、子どももいざ面接で質問されたときに、答えやすくなるかもしれません。

親も準備していくと安心

子どもの練習ももちろんですが、 親もある程度の質問内容を想定して考えておくと安心です。練習をしすぎると逆に緊張するケースもあるため、幼稚園の志望動機など少しつまりそうな内容のみ考えておくだけでも、いざ質問されたときに慌てなくてすむでしょう。

どんな服装でいけばいい?

やはり気になる面接時の服装。特に決まりがないからこそ、悩んでしまう方もいますよね。園によっては「普通の服でお越しください」と事前に指定されるケースもあるようですが、やはり 少しきれいめできちんとした格好をするとハズレはないでしょう。

女の子の服装

お受験園なら、フォーマルなスーツなどを着る女の子もいるようですが、そうでない園では派手すぎないワンピース、白のブラウスという服装をする子も多いようです。

男の子の服装

男の子の場合は、襟付きのトップスに黒や紺など落ち着いた色味のパンツを履くと失敗はないでしょう。面接時にスーツを購入し、入園式に着まわせるようにする家庭も。

保護者の服装

子どもたちだけではない!保護者の服装も気になるところですよね。 パパはスーツが基本です。 ママもスーツが無難ですが、スーツとまではいかないが、きれいめな服装にジャケットを羽織るだけ…という方もいます。派手すぎると浮いてしまうので、あくまでも主役は子ども。面接を受けにいくということを忘れない、 TPOをわきまえた清潔感のある服装にしましょう。

子どもがリラックスして受けられるように

いつもとは違う環境のため、子どもはもちろんのこと保護者の方も緊張してしまう幼稚園の面接。しかし、「面接中に子どもが走り回ったけど、合格だった」「聞かれた質問は完璧に答えたのに不合格だった」という人もいるようなので、 園によっては面接をそこまで重要視していないところもあるようです。あまり固くなりすぎずに、幼稚園の先生方に普段のお子さんの様子を知ってもらう機会と考えて、お子さんがリラックスできるよう促してあげるといいかもしれませんね。