認可保育園と無認可違い|それぞれのメリット・デメリットとは?

共働きの家庭が増え、保育園の利用を考えている家庭も多くあるでしょう。
保育園について調べるときに、目につくのが「認可保育園」・「無認可保育園」という言葉。今回は、認可と無認可の保育園についてのメリット・デメリットについてご紹介します。

「保育園」といってもいろんな種類がある

ちょっと前に、ネットの書き込みで話題になった「保育園落ちた日本死ね」を皮切りに、「保育園」を巡る議論が活発化しています。「保育園」と一口に言っても、人によって違うもです。そもそも、みんなが考えている「保育園」はどの種類の保育園でしょうか?ということをクリアにしないと、論点がずれてしまいますよね。

「保育園」とは何か。

保育園は、保育を必要とする乳児・幼児を日々保護者の下から通わせて保育を行うことを目的とする施設である。(児童福祉法第39条第1項)

「保育園」と一般的に言われていますが、 法律上の正式名称は”保育所”です。本来であれば、保護者の就労状況に関わらず、必要な人が必要な時に子どもを預けられる施設でなければなりません。さらに、市町村には、保育を提供する義務があります。(児童福祉法第24条)

認可保育園のメリット

認可保育園とは、国が定める基準をクリアし認可を受けている保育園を指します。具体的なメリットを見てみましょう。

設備がしっかりしている

認可保育園には、市からの監査が年に何回か行われるだけではなく国の厳しい基準をクリアしていることが条件のため、部屋の広さや避難経路の確保、保育士の人数など厳しめです。保護者にとっては安心できるポイントと言えるでしょう。

保育料が一律

認可保育園は施設ごとに保育料が定まっているわけではなく、所得によっての保育料となっています。そのため、入園前から具体的な保育料を把握できるため計画も立てやすいでしょう。

認可保育園のデメリット

続いてデメリットの面も確認しておきましょう。

申し込みが複雑

認可保育園は通いたい保育園に直接入園申し込みをするのではなく、役所などに行き手続きを行います。

1度の申し込みで「第1希望」「第2希望」と複数の認可保育園を申し込むことが可能です。

一見メリットのように思えますが、希望する保育園の倍率が上がってしまう可能性もあります。また、入園確定まで月に1度役所に足を運び、申し込みをすることが手間だと考える人もいるようです。

「保育に欠ける」という条件つき

認可保育園へは、誰でも入園できるわけではありません。

共働きなど「保育に欠ける」子どもが入園の対象者です。そのため、仮に親のどちらかが仕事を退職した場合、子どもは保育園に通い続けることができません。(※次の職を見つけるまでの決められた期間は通うことができます。)

無認可保育園のメリット

無認可保育園とは、簡単に言うと国からの認可を受けていない保育園です。園庭がない、保育室の面積が足りないなど理由は様々。しかし、「無認可保育園は認可を受けていないから、よくない保育園」というわけではありません。早速メリットを見ていきましょう。

幅広い時間帯に対応

園によっても異なりますが、無認可保育園は早朝や夜間などの時間帯や休日などに対応してくれるところもあります。仕事の事情によって融通がききやすいのも魅力のひとつです。

親の就業状況に関わらず入園できる

無認可保育園には「保育に欠ける子ども」という入園条件は基本的にはありません。そのため、親が働いている、働いていないに関わらず入園することができます。(※市によって基準を定めている場所もあるので確認しておきましょう。)

無認可保育園のデメリット

保育料金が高め

各家庭の所得によって変動する認可保育園の保育料に比べ、無認可保育園の保育料は園によって統一されているケースが多いです。1時間〇円~と、時間ごとの料金のところから月額制まで様々。月に数日しか利用しない場合はそこまで気にならないかもしれませんが、やはり1か月まるまる預けると考えると認可保育園よりは高くつくかもしれません。

園の施設に満足いかないことも

無認可保育園が認可保育園にならない理由のひとつにある「保育室の面積が、国の定めた面積に達していない」という部分。中には園庭がない園やビルの一室が保育室になっている園もあるでしょう。そういった面に満足いかない保護者の方もいるかもしれません。

「認可保育園」と「無認可保育園」 どっちがおすすめ?

「保育の質」はどっちがいいと?よく聞かれますが、「認可保育園」は、子ども1人あたりの保育士の数や、保育室の面積など、国の定める最低基準で「保育の質」が担保されています。しかし「最低基準を担保している」だけで、「認可保育園=質が高い」とは断言できません。公立が良い、というわけではもちろんありませんね。素晴らしい保育内容の「無認可保育園」ももちろんありますし、あまり良くない保育をしている「公立認可保育園」もあります。

ポイントは、 無認可保育園では、補助金が出ていない分、保育料は「認可保育園」に比べて高額になりがちです。また、保育施設での死亡事故件数は「無認可保育園」が「認可保育園」の2倍という統計もあります。

参考データ: 保育施設における事故報告集計(全体版)

家庭にあった保育園選びを!

認可保育園と無認可保育園、それぞれの違いを見ていきましたが 各家庭によって、メリットの部分、デメリットの部分と重点を置く場所が異なります。さらに、「国から認可を受けていないから無認可保育園の質が悪く、認可を受けているから認可保育園のほうが質がいい」というわけではありません。

どちらの園も、子どものために日々保育士が愛情をもって接している面に代わりはないため、安心してください。 それぞれのメリットや、デメリットを踏まえた上でご家庭にあった保育園を見つけてみてくださいね。